GREETING 代表挨拶

メディウィルは、「すべてのパートナーの心身ともの健康と幸せを追求し、大切な人の健康を守るお手伝いをする」ことを経営理念に掲げ、医療情報サービスを提供しています。

2006年の創業以来、医療機関、製薬企業、医療機器メーカー、生命保険会社、健保組合などの医療・ヘルスケア事業者が抱える疾患啓発、アドヒアランス、増患施策、受診勧奨、重症化予防といった課題を解決するデジタルソリューションを提供してきました。

具体的には、モバイルファーストのWebサイトの企画・制作・運営、検索エンジン最適化(SEO)、デジタル広告運用、病院検索サービス、患者向け医療情報コンテンツ制作、動画制作など、最新のデジタルテクノロジーを活用したソリューションをワンストップで提供しています。直近では、製薬・医療機器メーカーの疾患啓発(DTC)を推進するプロジェクトに注力しています。

こうした医療情報サービスを通じて、患者さんやご家族を適切な医療につなげていくことをミッションに、ソリューション開発に挑戦し続けています。

2018年には、KIRINアクセラレータープログラムに応募し、約120社中の6社の優秀賞に採択され、キリングループ内企業との協業が始まりました。また、2019年からは、京都大学医学研究科の福間真悟研究グループと共同で、未治療者への効果的な病院情報提供についての研究を開始しました。さらに2019年12月には、病院検索サービスの開発をテーマにした経営革新計画が東京都により承認されました。

2020年になり、COVID-19の影響で社会環境が激変する中、従業員の安全確保とお客様への継続したサービス提供をするために2020年2月時点でリモートワークに切り替え、3月末時点ではフルリモートワークの体制を整えました。この間も、オンラインセミナー、オンライン会議等を通じて積極的に情報発信に努め、製薬・医療機器業界を中心にデジタル化の支援を進めています。

これからも患者さんの問題解決に取り組んでいるお客様に対して、真に役立つ医療情報サービスを提供しています。

2021年9月吉日

代表略歴

代表取締役 城間 波留人
代表取締役
城間 波留人

2002年一橋大学商学部経営学科卒業、ゴールドマン・サックス証券会社へ入社。

2006年にメディウィルを設立して以降、医療業界に特化したデジタルマーケティングソリューションをのべ1,000案件超提供。 2014年に医療情報Webメディアを立ち上げ、3年で2,000万PV/月のサービスへと成長させる。 2018年に病院検索サービスをリリース後、「KIRINアクセラレータープログラム2018」の優秀賞に採択され、製薬・医療機器メーカー向け疾患啓発デジタルソリューション事業を拡大。

COVID-19の影響を受けて、従業員の健康を守りつつ、顧客へのサービス提供を継続するためにフルリモート体制に移行し、社内のDXも加速させている創業経営者。

デジタルマーケティングに関することなら
お気軽にご相談ください
Please feel free to contact us about digital marketing