開業前からスタートダッシュ

LINEで送る
Pocket

開業前ブログのメリット

下の図は、メディウィルのお客様で開業前からブログを書き始めた先生とそうでない先生の比較です。開業時にようやくホームページを公開してもその時点ですでに大きな機会損失が発生しています。

ブログを通じたロングテールアクセスの獲得

Google Search Console で解析してみると、患者様がどのようなキーワードで検索してあなたのホームページを閲覧しているかが分かります。メディウィルのお客様のデータを基に、キーワードを閲覧数の多い順に並べると、下の図のようになります。

「クリニック名」、「最寄駅+診療科」などでのアクセス数が多く、左側の線で表現されていますが、実はこういったキーワードでのアクセスは全体のアクセス数のわずか 20% に過ぎません。一方で、残り 80% を占めるのは、具体的な診療内容、疾患名、症状、などの複合キーワードです。

したがって、検索エンジン最適化 (SEO) によって、「最寄駅+診療科」で上位表示できたとしても、アクセス数は伸び悩み大きな成果を上げることはできません。

メディウィルのお客様はブログシステムを利用して、毎月数千種類のキーワードでアクセスを獲得しています。

開業前の先生をサポートするためのメディウィル独自サービス

開業前にご契約をいただいた先生向けに、無料でドメイン取得・ブログの設定・操作説明をいたします。
具体的な流れは下記の通りです。

1.ドメイン(ホームページアドレス)の取得

検索エンジンは、 取得したばかり のドメイン(ホームページアドレス)を 評価しません。すなわち、取得が遅れるほど検索結果に出てくるのが遅くなり、本来ならば得られるはずのアクセスを失ってしまいます。

2.ブログの公開、記事投稿スタート

開業前から「開業準備ブログ」というコンセプトで、ブログを書き始めます。開業までの苦労話、症例、日々考えていることなどを先に発信していくことで、開業前の認知度をアップすることが可能です。事前に看板を出すことができないことを考えると、インターネットが最も早くからスタートできる認知媒体です。

3.折込みチラシからブログに誘導

数十万円かけて 折込みチラシ を入れても、その誘導先のホームページがない、もしくは情報不足なら効果が半減してしまいます。折込みの段階では、一定水準のコンテンツを盛り込んでおく必要があります。

4.開業と同時にHP完成

開業のタイミングで既にホームページが完成している必要があります。この完成が遅れれば遅れるほど、獲得できるはずの患者さんを失う結果につながります。

おわりに

ブログのスタート時期などフレキシブルに対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

LINEで送る
Pocket

最新記事