失敗例あれこれ

LINEで送る
Pocket

多くの方がHP作成依頼時に失敗してしまう、よくある事例を掲載しています。

「リース」にやられた!

営業の人が最初は上手いこといって、実際制作が始まったら、
営業担当は退職していて連絡も取れないし、完成後は、変更依頼しても 1 ヶ月以上かかったり・・・これであと 4 年半も払い続けないといけないなんて・・・

解説

リース契約をすると、制作会社には、契約した瞬間に 5 年分のお金が入ってきます。

月額31,500円と仮定すると、31,500円×60 ヶ月=1,890,000円

このうち、数%をリース会社に払って残りが入金されるわけです。

数年前はこの販売手法で、一気に成長して上場を果たした制作会社がたくさんありますね。

最初にお金をもらってしまえば、後々 5 年間にわたるフォローは手薄になるのが人情です。

中長期的にホームページを発展させていくためには、リースは避けたほうが良さそうです。

とことん対応が遅い!

ほんのささいな文字の変更ですら、 2 週間もかかる! スピード感がなくてお話にならない・・・

解説

この問題の原因は 2 つあります。

①営業担当が営業しかやっていない(営業から作業スタッフに話しが伝わらない。遅い。)
②変更作業を外部に委託している

逆に、営業が制作指揮をとっていて、社内で制作スタッフも抱えている会社であれば、 環境としては速やかな対応ができるはずです。

話が全然伝わらなくて面倒!

話が全然伝わらなくて面倒! 原稿に書いた専門用語などを全く理解してもらえず、 1 つ 1 つ説明するのが面倒。自分でホームページを作った方が早いんじゃないの?

解説

現在では、ホームページ制作会社は専門分化が進んでいます。歯科であれば、歯科の専門情報に精通した会社・担当者と話をしないと、 通常の何倍もの手間がかかることになります。

当然、理解していないので、先生が書いた原稿も、校正・ブラッシュアップされることなく、 そのままホームページに掲載されてしまいます。

LINEで送る
Pocket

最新記事