契約書で確認すべき事項

LINEで送る
Pocket

契約書はしっかりチェックしましょう。

さて、契約書は、「後々のリスク事項をお互いに確認する」場です。

時々、契約書自体存在せずに、いわゆる口約束で 100 万円単位の取引がされてしまうことがありますが、これは非常に危険です。営業担当者が辞めて別の人が担当になったときに、その口約束が守られるとは限りません。

契約書自体が存在していない業者にホームページ制作をお願いする際は十分に注意してくださいね。

契約書には、日々の業務上起こったトラブル、顧客ニーズ、社会情勢、そういったものを一つ一つ気づいた都度契約条項として落とし込んでいきます。

こまめに契約書をブラッシュアップするという地道な作業を積み重ねるということは、会社組織としての最低限の責務と考えられます。実はメディウィルの契約書も、スタート時点は薄い内容でしたが、実績が増すにつれて充実した内容となってまいりました。契約書の内容が不十分だと、結果としてお客様、そして業者側にとっても不幸な結果となります。

契約書で確認しておきたい5つのトピック

契約書と言えば、かなり厳かな文章で、しかもかなり長く書かれているのが一般的なイメージです。一字一句確認したいところですが、ご多用の先生にはお時間を取るのが難しいかもしれません。

ここでは、最低限、外してほしくない5項目について、説明します。

契約期間

何年契約か、ということです。多くの場合、 1 年~ 5 年までの形態をとっています。基本的には拘束される期間は短いほうが経営的なリスクは低くなります。

しかしこのことは、制作会社にとっては逆にリスクとなります。せっかくがんばって作っても、 1 年で解約されては利益が出ません。ですから、契約期間を短くできる制作会社は、下記のいずれかと考えてください。

ア)お客様の満足度が高く、解約されない自信がある
イ)最初に制作コストをかけず手抜きで作るので、短期で解約されても痛くない

近頃は安価で制作・運営する業者が 増 えていますので、注意が必要です。皆さんが望むようなホームページが、その金額でできあがるかどうか、色々と比較検討しましょう。

反対に、 5 年間の債務が確定するリース契約は非常にハイリスクです( 5 年後までその会社が存在しているかどうか誰も分かりません)。

原稿作成の負担

メディウィルでも、ホームページに掲載する文章は、基本的に先生に書いていただいておりますが、まったくのゼロから先生の自力で作り上げていくとなると至難のわざですし、結果的に患者ニーズを正確に反映した内容にはなりません。

この点について、どの程度サポートしてくれるか?は重要なところです。

全て先生にお任せとなってしまって、短期間ですばらしいホームページを作るのは至難の業です。多くの場合、完成しないままのびのびになって( 1 年以上)結局はどうでもよくなってしまうでしょう。

私たちのサポート例でいうと、それぞれの先生の目指す診療スタイル(保険中心なのか、自費中心なのか、専門分野、性格など)を踏まえた上で、ホームページの完成形をイメージし、原稿の大見出し、中見出しを作成していきます。

同時に、私たちがイメージする方向と先生の書く原稿の方向性がずれてしまわないよう、それぞれの見出しごとに留意点を詳しくお伝えしています。

さらに、原稿を提出いただいた後に、歯科の専門知識豊富なスタッフが確認し、 患者さんの視点で足りていない部分、理解を深めるために増やしたほうが良い内容などを提示させていただきます。

この水準でサポートが得られれば、「かなり良いホームページ」に仕上がります。

一方、「先生は原稿を一切書かなくて良いです」という業者もありますが、この場合、その業者が作成したホームページは、金太郎飴のように全て同じ内容になります。

どうしても自分で原稿を作成する時間を短縮したい方にはおすすめですが、長期的に効果をあげるのは難しいかもしれません。

制作費用

契約した後に、「これは別途費用なの??」ということにならないためにも、契約時に制作費用の総額を明確にすることが大切です。特にオプションとなる部分、ボリュームによって金額が増える部分は必ず把握しましょう。

オプションとしては、写真撮影、イラストなどが考えられます。また、 1 ページいくら、という形式の場合には、最終的に何ページになるのかということと、作成するページが必要十分か事前にある程度理解すると良いでしょう。

検索エンジン最適化( SEO )の順位保証について

そもそも、月額の中に検索エンジン最適化のサービスが含まれているか確認したうえで、掲載順位を保証してくれるのか確認しましょう。 この順位保証も曲者で、「 11 位~ 20 位の場合にも費用が発生する」ことが多々あります。

しかし、よほど検索回数の多いキーワードでなければ 11 位以下がクリックされることはほとんどありません。

一方、検索回数の多い(すなわち、 患者ニーズが高く、競合が多い)キーワードで上位表示を狙う場合、相当なコスト(月額数万円~数十万円)がかかることをご理解ください。

月額の範囲でどこまでやってくれるのか

特にトラブルが多いのは、「無料でページを追加してくれると思っていたのに、なんだかんだで 1 ページ追加するのに 1 万円もかかってしまった・・・。」という場合です。

確認する必要があるのは、
・ページの新規追加
・文章、画像の差し替え
・ボタン、バナーの追加
それぞれ無料なのか、いくらかかるのかということです。

また、細かい調整にいちいち費用が発生する場合は、対応も遅くなることが考えられますので、十分検討した方がよさそうです。

さらに、定期的に訪問して欲しい場合は、具体的に年間に何回、いつ来てくれて何をしてくれるのかを確認してください。ただし、コンサルティング的なサービスを希望する場合はそれなりの費用がかかります。

通常の月額 1 ~ 3 万円で定期的に訪問する契約では、業者側の採算が合わない可能性が高いので、よくよく注意が必要です。

おわりに

以上の内容を契約書ベースで確認した上で、サインしていただければ意図しない結果が起こるリスクを減らすことができます。

LINEで送る
Pocket

最新記事