初めての制作会社選び・かんたん比較

LINEで送る
Pocket

ご自身の希望に合った制作会社を選びましょう。

制作会社には、それぞれのタイプ・得意分野があります。全て一長一短がありますので、希望に合った制作会社を選びましょう。

制作・運営サポート一体型(1年契約) 制作・運営サポート一体型(5年リース) 制作特化型 マーケティング特化型
特徴 長期的な運営を見越した制作をする 初期費用がゼロで定額の支払いで済む 大企業向けの案件が多く、デザイン重視。制作後の運営はやらない 主にSEO対策やリスティング広告などのマーケティングに力を入れている
顧客への費用 初期制作費用が発生、サイトオープン後は月額の運営費用が発生 初期費用はゼロ。契約後は5年間毎月の費用が発生。途中解約不可能。修正はその都度見積 初期制作費用が発生。修正変更は都度見積り 修正変更は都度見積り。SEO対策やリスティング広告などは予算に応じて、見積り
事業主の収益源 契約手付金と制作納品時点の制作料金、毎月のサポート運営費用 リースなので、契約したら一括で入金 契約手付金と制作納品時点の制作料金 修正変更料、SEO対策やリスティング広告などの運営代行料金
価格帯 制作料金(初期費用):20万円~
運営料金(月額費用):1万円~
リース料金(月額費用):3~5万円 制作料金(初期費用):100万円~ 都度見積り
メリット 長期的な運営を見越した制作・運営サポートが受けられる 初期費用が無料 大企業のようなデザイン性の高いサイトができる 予算があり、サイトへのアクセス数を増やしたいときに向いている
デメリット 永続的に支払いが発生する 途中解約ができない。事業主のサポートに対するインセンティブが働かない 制作費用が高い。通常、広告代理店が間に入る 修正変更に対するインセンティブが働かない
差別化要因 長期的運営サポート 初期費用無料 デザイン性が高い アクセス数が増える
LINEで送る
Pocket

最新記事