どのくらい広告費をかけるか

LINEで送る
Pocket

多くの先生との経験と事例をもとに、広告費と利益のバランスについて詳細に検討します。

患者さま一人あたりの獲得コストをいくらと考えているか

これまで多くの成功している歯科医院の理事長、院長先生とやり取りを通じて、継続して増患に成功している医院は、診療内容によっての一人あたりの患者さま獲得コストを分析されていることを学びました。

例えば、インプラントの患者さま一人に対していくらまで広告投資ができるかを考えると下記のような考え方も一つございます。

【前提】
・ インプラント1本30万円
・ 平均の埋入本数が2本
・ 材料等の原価率20%
・ 財務的にかけられる広告費は粗利の10%

300,000円×2=600,000円 ・・・患者単価
600,000円×(100%-20%)=480,000円 ・・・粗利
480,000円×10%=48,000 ・・・限界広告費

つまり、このケースで考えると一人の患者さまを呼ぶために投資できる予算は、1ヶ月で48,000円となります。この金額以下の維持・管理費用でホームページを運営し、月一人以上がホームページ経由で来院に繋がると十分に広告投資の効果があったということになります。

ただし、
・ スケールメリットで原価率を下げられる
・ 患者さんによる紹介も考慮する
・ ブランド感の醸成
など、他の要因も加えたときには、また異なる判断となるので、あくまで一つの考え方として捉えてください。

life time value について

長い目で見れば紹介が増え、自費診療にもつながること。そもそもその患者さんが定期的に来てくれたら?

一人の患者さまが来院し、医院の治療に大変満足して継続的にメインテナンスに来院するようになり、また口コミで家族、友人を紹介することを考えると、保険治療の患者さま一人に来院していただく獲得コストを約1万円でも十分に広告投資効果があります。

実際に二つの医院で合計3億円の売上をあげている理事長は、この金額を目安に広告予算を組んでいます。

歯科医院の仕事は、治療して終わりではなく、生涯に渡って継続的にメインテナンスするリピーターを増やすことが最も重要なので、せっかく来院した患者さまにしっかり満足して頂けるような診療体制を整えることも当然ですが重要になってきます。

成長し続けるために

新患が少しずつ減っていませんか?紹介だけでは限界が来ます。紹介が起こりえない距離の患者さんに来てもらうために。

一昔前の歯科業界は、医院数も少なく、特に広告宣伝や経営努力をせずとも、安定した新患が来院していたと先生方からよく聞きます。

ところが、特に都市部を中心に医院数が増え医院同士の競争が激化してきたことによって、何も手段を講じていない医院は年々新患数が減少し、そうしたご相談を昨今よく頂きます。

理想的には、広告宣伝はせずに口コミ、紹介のみで成り立てばよいのですが、周囲の環境が変化しているため先生方の考え方も柔軟に変化していく必要があると考えております。

中でも、医療機関は広告規制があるのでTVCM等、一般の企業広告のような活動は制限がある中で、インターネットによる広告宣伝は最も適した手段といえます。

今後も更なる成長を目指す先生は、特に欠かせない分野ですので是非ともメディウィルまでご相談下さい。

LINEで送る
Pocket

最新記事